人妻大衆TOP

新着


我らがフェロモン女王が、脱いだ!進化し続ける悩殺ボディの隅々までじっくり、たっぷりお楽しみ下さい 女優・深田恭子(33)が、どエライことをやってのけた! 7月23日に、写真集『This is Me…

今度は懐中電灯を手に2階に上がり、いちばん奥の部屋のドアを開けた。 女性の寝息を背中に聞きながら、亀井はタンスのなかを物色した。 部屋で寝ていた相原美紗さん(20)は、微かな物音に目を覚ました。

タグ

それから数年後、母親は介護の甲斐もなく、亀井が40歳を超えた頃に亡くなった。 母親の介護に追われながら生きてきた男は、激しい虚脱感に襲われた。 亀井は心機一転を図ろうと、それまで住んでいた家を引き払…

タグ

闘病中の母親を抱える中年男は、長年介護に追われていたため、女性との交際経験はゼロだった。 唯一の趣味は水泳。だが、水着姿で泳ぐ若い女性を見ながら"水中オナニー"に耽っていた。 母親の病死後、引っ越し…

タグ

 飾り気のない爽やかな笑顔が素敵な今宮慶子さん44歳。現在結婚22年目、いかにも上品で清楚な雰囲気を漂わせる慶子さんですが、実は大の年上好きでいつも「紳士な男の人にエスコートされて情熱的な官能ロマン…

そして、彼女の頭からレジ袋を外すと、ガムテープで目隠しを施し、さらに、床に洗濯バサミが落ちていることに気づくと、ほくそえみながら拾い、それで彼女の乳首を挟んだのだ。 小宮は逸る気持ちを抑えるようにバ…

タグ

地元政界の実力者である母親から十分な愛情を注がれずに育った男は、やがて遊んで暮らすようになり、ついに母親から勘当を言い渡された。 無一文になった男は、万引きをしようと出掛けたスーパーマーケットで、好…

タグ

居丈高に彼女を怒鳴りつける今西の脳裏に、悪巧みが浮かび上がった。 地面にひざまずく彼女のロングヘアをグイと摑んで引き寄せた。 「オレを満足させろ。舐めろ、ほら!」

タグ

5月16日、長崎県警大村署は同県警の巡査(25)を強姦容疑で逮捕した。 なんでもこの巡査は同日午前2時ごろ、自宅官舎内で長崎県諫早市の女性(23)の右腕を引っ張って倒すなどして、性的暴行を加えたと…

思わず動きを止める今西に、妻は訴えた。 「注射されるより、もっと痛みがひどいの」 膣内の上部、Gスポット周辺にイチモツが突き当たると、激痛が走るというのだった。

タグ

年上妻と濃厚なセックスライフを楽しんでいた男に突如、不測の事態が訪れた。 それは妻のセックス拒否……。 性欲を持て余した男は深夜、駐車場の隅でしゃがんでいる若い女性を目撃した。

タグ

女優告白

2012-03-25

神咲詩織 初体験は中学2年

初体験は中学2年のとき。相手は同級生。実は、大みそかにエッチしようって、約束してたんです。年末、「新しい下着、買いに行くから、つき合って!」とお母さんに。「どうしたの?」 「大みそか、エッチするの…

タグ

オトコの遊び場所、「フーゾクの王様」といえば、なんといってもソープランドだろう。そして、日本有数のソープ街でも、特にブランド力が高いのが東京・吉原だ。その遊び方を徹底的にご指南しよう!

ポーチから電動バイブを取り出し、潤滑ジェルを塗りたくった男は、彼女のワレメを広げて、肉襞に突き入れていく。 潤滑ジェルの働きで奥まで貫くと、 「アアッ~!」

タグ

「お酒がなくなっちゃったの。買ってきてちょうだい」 酒を買った小沼は、彼女の部屋をノック。 部屋着姿の沙代さんは酒を受け取り、ソファで飲みながら、

タグ

「相手が酒に酔って眠っていたので、つい誘惑に負けてしまい……」 法廷で、がっくり頭を下げた男は、上司であるバツイチ美女から叱責され続け、もはやクビ寸前だった。 そうしたある日、彼女のカバン持ちで男は…

タグ

エッチは屋根の下でやるのが当たり前とお考えの皆さん! 性欲に火がついた最近の奥様は、どうやら違うようです!? NHKの男性アナウンサー(30代・既婚)と女性キャスター(20代・独身)が、公道に車を…

田原は彼女の腕をグッと掴むと、「オレと死んでくれ」と迫った。 鬼気迫る表情の田原に脅えた彼女は、ヘナヘナと座り込んだ。 その意外に魅力的な容姿に初めて気がつき、田原は気持ちが変わった。

タグ

卒業後、地元の信用金庫に就職した田原は、研修先で知り合った同い年の女性と交際するようになった。 早々に婚約をし、お互いの貯金額の目標を立てて、結婚と同時にマイホームを買う約束をした。 セックスは彼女…

タグ

学生時代に恋人を寝盗られ、社会人になってからはフィアンセを同僚に奪われた男がいた。 そんな男に追い討ちをかけたのは、"鬼"上司からの強烈なイジメやパワーハラスメントだった。 男は自殺を覚悟し、通りす…

タグ

 女性器を舐める行為「クンニリングス」によって、がんになる――11月13日発売の『週刊現代』11月27日号で、このような衝撃的な記事が掲載された。「当初はバカげた話だと思いましたが、すでにアメリカの…

友里奈さんは自宅の扉を開けた。 室内は暗い。 そして彼女が玄関に入った直後。 ニット帽を目深にかぶり、黒サングラスに白マスクで顔をすっぽり隠した種村が躍り込んだ。

タグ

種村は自分のコートを彼女にかけ、背中や肩を撫でながら、「大丈夫?」と声をかけた。 反応はまったくなかった。 "チャンスだ!"

タグ

セックス嫌いの妻と二人暮らしの男は、欲求不満を募らせるばかりだった。 性欲のはけ口として、女性宅の盗撮や下着ドロに手を染めた男だったが、次に目をつけたのが、深夜の駅周辺にいる、酒に酔った女性だった。

タグ

「人妻の素行調査を行っていると、昼間のカラオケボックスが浮気現場になっていることが多いんですよ」 こう語るのは興信所のスタッフ。続けて、「探偵としては歯がゆいですよ。ラブホテルなら入る現場を押さえれ…

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号