人妻大衆TOP

  • DMM動画
  • 人妻チラリ
  • 性感帯
  • AV面接
  • 顔出し特集
  • 桃色コラム
  • 新着アダルト
  • 大衆ヴィーナスWEB
  • 色気満載!FZを彩る人妻たち
  • 圧巻!風俗嬢のお尻特集

新着


浮気をする人妻というのは、ハデで遊んでいるようなタイプが多いと思われがち。しかし、実際のところはマジメでおっとりしたタイプの女性も少なくないのです。 今回登場する千紗さんも一見するとマジメそうでとて…

「えっと~、AVは観ますね~。痴漢モノとか…」 おっとりとした口調でこう告白するのは、かなさん(24歳)。どこか隙のある雰囲気で、いわば“ヤラせてくれそうな”色っぽい若妻だ。

タグ

桃色コラム

2016-12-02 [週刊大衆2016年12月05日号]

好色川柳「ボーナス日 マムシドリンク……」

賞与支給日は覚悟がいるね。振込だから、妻には額がバレてしまう。それに応じて献立も変わる。鰻(うなぎ)が出ているときは、満面の笑みが見られる。はたして額面以上の勃起が得られたか。


桃色コラム

2016-12-01 [週刊大衆2016年12月05日号]

好色川柳「肉豆腐 味わい深い……」

寒い日は熱い肉豆腐もいい。冬のメニューは多く楽しみだ。食した後は、床で妻の肉豆腐を味わう。ぬめるような熱さが身を包む。少し動くだけで豆腐が喘(あえ)ぐ。冬は熱く燃えたい。


夫婦のなれそめは人それぞれ。結婚式では「友人の紹介」なんて言っていても、実際は違うなんてこともよくあります。 今回登場するりかさんとご主人のなれそめも、御両親や親戚には内緒なんだそうです。

桃色コラム

2016-11-30 [週刊大衆2016年11月28日号]

好色川柳「いくつ寝ると わが娘ももち肌……」

娘を持つと心配の種はつきないが、成長は歓喜だ。背は伸びる、胸の膨らみが目立ち始める、若い肌に感動する。この娘も、やがて男の餌食になるかと思うと、眠れない夜が続く。


桃色コラム

2016-11-30 [週刊大衆2016年12月05日号]

高橋しょう子「涙の7冠」AV OPEN2016で偉業達成!

一年に一度のAVの祭典で、新女王が誕生した。先日、開催された「Japan Adult Expo」初日に「AV OPEN2016」の結果が発表され、今年、グラビア界からAVに華麗なる転身を果たした“た…


桃色コラム

2016-11-29 [週刊大衆2016年12月05日号]

したがり女子アナ「エロティック偏差値」成績表

美人で頭がいいなんて、当たり前! 意味深発言に、おっぱいアピール…期待に応えるお色気精神も超一流!?


「つい妄想しちゃうエッチなシチュエーションは、自分の職場で、年下だけど生意気な男の子にヤラレれちゃう感じかな」 と恥じらいながらも具体的に話すのは、こちらのゆりさん。現在23歳のOLで、すでに人妻で…

桃色コラム

2016-11-29 [週刊大衆2016年11月28日号]

好色川柳「秋寒く 炬燵の中で……」

冬支度の季節になった。北は初雪、山は初冠雪と白い話題がのぼる。炬燵の中が暖かい。新妻と酒を酌み交わす。目が誘ってる。勃起が熱い。妻の手が伸びる。中で果てそうだ。


桃色コラム

2016-11-28 [週刊大衆2016年11月28日号]

好色川柳「老夫婦 無言で触れ合う……」

喋(しゃべ)るにも、入れ歯を外して寝るので億劫(おっくう)だ。言葉がうまく続かない。ふがふがする。おのずと手が出る、足が出る。たるんだ肌と肌。乾いた昔の泉。勃起が懐かしい。夜が長いこと。


桃色コラム

2016-11-27 [週刊大衆2016年11月28日号]

人妻たちの「酔いどれSEX」恥態告白

読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋、性欲の秋。立派なマツタケがニョキニョキ生える、危ない季節です。


誰しも多かれ少なかれ親や家族、友人、恋人など身近な人から様々な影響を受けています。 今回、登場するるみさんも、身近な家族から受けた様々な影響を受けてしまったのだそうです。

桃色コラム

2016-11-27 [週刊大衆2016年11月28日号]

好色川柳「家計簿に 朝勃ち示す……」

家計簿をつけるのが楽しみ。家計はいつも赤字が続く。夫の朝勃ちも続いてる。印をつけるのが一番の喜び。夫の勃起は夫婦円満の礎。今朝の勃起の見事なこと。見るだけで濡れる。


桃色コラム

2016-11-26 [週刊大衆2016年11月28日号]

好色川柳「抱きたい日 あなたはケーキ……」

無性に妻が欲しい日がある。そわそわする。下半身が落ち着かない。仕事のミスが目立つ。退社までの時間の長いこと。言い訳はケーキに託す。玄関を開けると同時に勃起した。


普段マジメな人ほどいったんタガが外れると、良からぬことにのめりこんでしまうといいます。今回登場するあきらさんも、この間までは品行方正な人妻だったのに、ひょんなきっかけで変わってしまったのだそうです。


どんなにマジメで貞淑な人妻でも、ふとしたきっかけで他の男性に惹かれて、不倫に走ってしまうことがあります。 今回登場するはるかさんも、普段はマジメでご主人とも深い愛情で結ばれている人妻。しかし、あるこ…

「私、子供の頃から、すごくエッチに興味があったんです」 なんとも困った(!?)ことを平然と言ってのけるのが、こちらのりえさん。24歳のキュートな奥様だ。 子供の頃から性に目覚めていたというが、実はこ…


桃色コラム

2016-11-21 [週刊大衆2016年11月21日号]

好色川柳「暗くとも なれた手付きで……」

膣は宇宙かもしれない。ときには無限の壁があり、底が見えないときも。溺れる海であり、癒しの無人島のようだ。慣れたつもりが、いつも翻弄される。冒険は暗がりに限る。


桃色コラム

2016-11-20 [週刊大衆2016年11月21日号]

好色川柳「濡れそぼる 嗚咽でくもる……」

秋が霞んで見える。冬が、そこまで来ている。今夜は、何度イッただろう。どこまで攻めれば許してくれるのか。床が海のように濡れている。勃起が終わらない。月が妬いている。


童顔で可愛らしい30歳の主婦・ゆうこさん。 「AVの面接を受けたんですけど、いまになって、“本当に私、大丈夫かなぁ”と心配になってます」 と、不安を隠せない表情で語る。面接に挑んだ理由は2つ。お金と…

桃色コラム

2016-11-19 [週刊大衆2016年11月21日号]

好色川柳「この指を 味わい尽くして……」

愛する人の寝息に安堵(あんど)の風が吹く。想いは去来する。はたして、この人は幸せだろうか。浮気の懺悔(ざんげ)が頬(ほお)をかすめる。もう、裏切らない。勃起は過去の栄光。今は、この指が命。


若い夫婦にとってお金を稼ぐことは重要課題。最近の奥サマは専業主婦は夢のまた夢、共働きしないとやっていけない家庭がほとんど。 今回、登場するあんずさんも、共働きをしながらお金を貯めて、ご主人とマイホー…


「AVは結構、観ていますね。レズとか男同士のエッチが好きです」 同性愛のSEXに興奮を覚えるというのは、23歳の若妻・ゆかりさん。愛らしいルックスながら、ちょっと変わった性癖をお持ちの彼女は、好きな…


同窓会などに行くと、女の子が学生時代は地味だったのに、いきなり美人になっているなんてことはよくあります。

必見!私の勝負下着

オススメ記事


このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 人妻大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号